平成30年度 九州高校野球鹿児島県予選 秋季大会 準決勝 鹿屋中央対鹿児島情報戦 見てきた話 | メタボ不動産屋の開業日記

平成30年度 九州高校野球鹿児島県予選 秋季大会 準決勝 鹿屋中央対鹿児島情報戦 見てきた話

シェアする

本日は日曜日の準決勝ということで 早めに家を出て 県立鴨池球場周辺の駐車場を探してみると 準決勝で全校応援ということでしょうね。もう駐車場一杯。チケット売り場もこんな感じです。

ずらーっと並んでいます。皆さんお好きですね。
鹿児島情報は全校応援

で 本日準決勝で勝った方が九州大会の切符をGETできます。
試合前の予想としては 鹿屋中央の強力打線対今大会屈指のサウスポー 鹿児島情報 沖田投手との闘いです。

そもそも鹿屋中央の3番新有留・4番柊木野・5番池田の中軸は神村学園と並ぶ強打者揃い。
しかしメンバー表はあっと驚く両チームともエース温存

この両監督の決断が試合の結果を決めることになります。

試合は2回に一挙5点を鹿屋中央が先制して慌てて鹿児島情報はエース沖田を2回途中から投入。中盤に鹿児島情報も驚異的な粘りで追いつき 8回に鹿屋中央はエース福地を投入。その時点で鹿屋中央の余裕が伺えます。結果 鹿児島情報 エース沖田は延長12回で力尽き 鹿屋中央の勝利に終わりました。

それだったら沖田君先発で行けるところまで行って・・・ いや結果論ですね。まずは鹿屋中央高校 九州大会おめでとうございます。

コメントの入力は終了しました。