時系列から想像されるハリルホジッチ解任の真実 | メタボ不動産屋の開業日記

時系列から想像されるハリルホジッチ解任の真実

シェアする

まずは 下記に日本サッカー協会(以下JFA)に関わる時系列を記載します。



2009年2月 原博実がJFA技術委員長(強化担当)に就任
2009年2月 原博実から請われ霜田正浩がJFAに入り翌年から技術委員に就任。
2010年8月 サッカー日本代表監督にアルベルト・ザッケローニとの契約にこぎつける。
2013年6月 5大会連続となるワールドカップ出場を決める
2014年6月 ブラジルワールドカップ開幕 0勝2敗1分けで予選リーグ敗退
2014年7月 アギーレが日本代表監督に就任。
2015年2月 八百長疑惑によりアギーレは解任し、招聘した霜田正浩自身の更迭を含めた処分を提議するも留任。霜田自身3度目となる新代表監督の招聘に当たる。
2015年3月、霜田正浩らの招聘によりハリルホジッチが日本代表監督に就任
2015年12月 JFA初のJFA会長選挙に「育成の重要性が柱」とするJFA副会長の田嶋と「日本代表強化が柱」とする原博実専務理事(当時)の2人が立候補
2016年1月 臨時評議員会が行われ、過半数を得た田嶋が、原博実を破り当選
2016年2月、田嶋幸三と会長の座を争った原博実を二階級降格。翌3月、原と共に当時日本代表監督だったヴァヒド・ハリルホジッチ日本代表監督の招聘に尽力した霜田正浩技術委員長を降格 西野朗を新技術委員長として任命する等の人事再編を行う。
2016年3月 村井満Jリーグチェアマンはすぐさま原にJリーグ副理事長就任を打診。原もこれに快諾し、3月より同職に就任。JFAを離職。
2016年3月27日 JFA第1回理事会を経て正式に田嶋幸三が第14代JFA会長となる。
2016年11月 霜田正浩が、JFAへ辞意を申し出退任。
2017年8月 アジア最終予選を1位で通過、2018 FIFAワールドカップの出場権を獲得した。
2018年3月 田嶋幸三JFA会長に再任。同年4月7日、会長の専権事項としてヴァヒド・ハリルホジッチ日本代表監督の契約解除を決断する
2018年4月9日 理事会にて西野朗技術委員長を新監督として任命する。

ここからこの時系列をもとに私の想像を書きます。
2009年2月

原:技術委員長になっちゃたよ。そうだ霜田正浩を引き抜いて 俺の片腕にしよう!


霜田:尊敬する原さんのお誘いなら喜んで!


霜田:原さん ザッケローニが空いてます。日本代表監督にどうですかね?


原:まじか すぐ行ってこい! イタリヤ人監督なんてワクテカじゃん!

2010年8月 サッカー日本代表監督にアルベルト・ザッケローニ就任

ザッケローニ:原さんと霜田さんがそこまで言うなら日本代表やってあげる!

2013年6月 5大会連続となるワールドカップ出場を決める

原:いやー世界最速でのワールドカップ確定だよ。霜田ちゃん おつかれちゃんね!


霜田:いえ これも原さんのご指導のおかげです。この調子で本戦もいい結果が出ればいいですね。


原:うん 俺たちのパスサッカーでひょっとしたら ひょっとするかもしれんね。楽しみ~!!

2014年6月 ブラジルワールドカップ開幕 0勝2敗1分けで予選リーグ敗退

本田:伸びしろなんてなかった!

2014年6月

原:自分たちのサッカーはまだ日本に早かった。霜田ちゃん 次の監督にアギーレなんてどお?


霜田:アギーレ いいっすよね! 僕交渉してきまーす!

2014年7月、アギーレが日本代表監督に就任。

アギーレ:原と霜田がそこまで頼むなら やったる!

数カ月後

霜田:原さん まずいっす! アギーレに八百長疑惑問題が浮上したっす!


原:うーん 疑わしきは罰せずだが、スポンサーの手前 申し訳ないが辞めていただこう。

2015年2月、八百長疑惑によりアギーレは解任

アギーレ:ワシはやってないちゅうのに!


霜田:原さん 今回の責任をとって 自分辞任します!


原:ひとつの失敗は一つの成功で取り戻せばよかタイ! それよりも次の監督をすぐ探さなきゃ!


霜田:原さん それでしたらハリルホジッチが今あいてます。彼は今回のブラジルワールドカップでも予選を突破し、決勝トーナメント一回戦で優勝したドイツにかなりいいサッカーしてましたよ!


原:え ハリル空いてんの? すぐ交渉しようぜ!

2015年3月 霜田正浩らの招聘によりハリルホジッチが日本代表監督に就任

ハリル:原と霜田がそこまで頼むなら やっちゃる!

2015年12月 JFA初のJFA会長選挙

原:JFA会長に俺はなる!!!(by ルフィー)


田嶋:これからは俺の時代!!!

2016年1月 臨時評議員会が行われ、過半数を得た田嶋が、原博実を破り当選

田嶋:ぐははは これからは俺の時代がキターーーッ!


原:負けたか しかしいい勝負したな。無念

2016年2月、田嶋幸三と会長の座を争った原博実を二階級降格人事

田嶋:ワシに逆らった原は降格ね。もちろん原の右腕だった霜田も許さん


原:まじか そんな事するんか


村井:え 原が報復人事で降格? 勿体無い人材だからJリーグの副理事のポストにおいでよ


原:村井さん ありがとう JFA辞めてJリーグの副理事します。ハリルよ すまんの~


ハリル:おおー 原さん いなくなるの寂しいね


田嶋:次は霜田だ。お前降格ね。後任はワシの高校の後輩である西野ね!


西野:まじっすか やりにくいっすけど まあ 頑張るっす!

2016年11月 霜田正浩が、JFAへ辞意を申し出退任

霜田:原さんがいなくなって俺も頑張ったけどもう限界。西野さんも俺がいるとやりにくいだろうから俺辞めるわ。ごめんなハリル!


ハリル:おお~ 霜田までいなくなるので 私の味方が会長交代によってどんどんいなくなるね。

2017年8月 ハリルホジッチ監督で2018 FIFAワールドカップの出場権を獲得した。

ハリル:やったぜ 本当なら隣で原と霜田に祝ってほしかった。ちょっと協会に仕返ししたる。(本人辞める騒動を起こす)


田嶋:ぐぬぬ ハリルめ せっかくのめでたい日にお茶を濁すようなことしおって! 覚えてろよ!

2018年3月 田嶋幸三JFA会長に再任。同年4月7日、会長の専権事項としてヴァヒド・ハリルホジッチ日本代表監督の契約解除を決断する

田嶋:ふふふ再任じゃ! しかし気がかりはこのままハリルがワールドカップで好結果を残すと ハリルを連れてきた原と霜田の評価になってまう。なんとかハリルを切る理由が欲しいところじゃ。


田嶋:そうじゃ 今月あるヨーロッパ遠征を理由にハリルのクビ切ったろ 次テグちゃん 頼むね


手倉森:え ・・・・・


田嶋:1分け1敗 はいダメー! ハリル お前クビ


ハリル:なぜ? これ練習試合じゃん。だから色々な選手試したのに 納得できん!


田嶋:理由はお前を原と霜田が連れてきたからなんて言えるわけなんじゃん。コミュ障だからだよ お前が!


ハリル:おお~ 許せない 原と霜田さえいてくれれば


田嶋:てぐちゃ~~ん ハリルクビにしてきたで! このあと頼むで!


手倉森:自分お断りします。原さんから引っ張ってもらったんで!


田嶋:ぐぬぬぬ もういい 西野頼むわ!


西野:まじっすか。かといって俺の他にJFAではいなそうだし。田嶋さんに引っ張ってもらったんで

2018年4月9日 理事会にて西野朗技術委員長を新監督として任命する。

西野:此の度 日本代表監督になってしまった西野っす!

以上 すべてはメタボ社長の想像の話です。しかし会社ではこんなことはよくあることなので、実際はこんなもんじゃないかな~と。

コメントの入力は終了しました。