平成30年 鹿児島県高校野球 秋季大会 夏の王者鹿実が鹿児島城西に3回戦で敗れる波乱 | メタボ不動産屋の開業日記

平成30年 鹿児島県高校野球 秋季大会 夏の王者鹿実が鹿児島城西に3回戦で敗れる波乱

シェアする

やってきました伊集院球場。お目当ては3回戦屈指の好カード 夏の県王者 鹿児島実業とプロ注目の大型右腕 小峯投手を擁する鹿児島城西との試合です。
まずは鹿児島城西のメンバー表

鹿児島城西は前監督の影響で沖縄出身の選手が目立ちますが、エース小峰君は東谷山中出身の鹿児島純粋培養です。

対する鹿児島実業は

鹿児島県内から集まったエリート集団です。そこが鹿実の県内人気の一つでもあります。注目は1年で背番号10をもらった高田隼之介選手で中学時代のU15サムライジャパンメンバーです。

試合前の光景ですが 城西は3回戦ながらチアとブラスバンドが登場。しかも選手の試合前のエンジンもなんだか楽しそうです。

試合前のメンバー

鹿児島城西のエース 小峰投手

鹿児島実業 先発2年の福留投手

鹿児島実業 1年高田隼之介投手

試合は終始鹿児島城西がリードし、試合内容も鹿児島城西のペース。鹿実打線は城西エース小峯投手の速球にタイミングが合わず 大きな見せ場もなく 試合終了。鹿児島城西の完勝でした。

最後に一点だけ。私は鹿児島実業のファンなのですが、その理由は礼儀正しく 心技体の教えを守る最近では珍しい高校生達であることです。しかし今日の試合で 4回の裏だったか 相手鹿児島城西エースで4番の小峯君が打者でファーストゴロで倒れた時、ベンチへ引き上げる時に応援スタンド鹿実選手達が激しく小峰君に罵声・怒声を浴びせました。仲間のメンバーがこの小峰君の投球に手が出ず、フラストレーションが溜まるのは分かりますが、凡打してベンチへ引き上げる相手選手に罵声を浴びせるのは鹿実ファンとして非常に残念でした。それだけ好投手だと認めてるのでしょうが、残念な光景でした。ちなみに小峯選手以外の選手には そのようなことはありませんでした。 頑張れよ鹿実!