サッカーアジアカップ 日本代表はサウジアラビアに勝ってベスト8へ | メタボ不動産屋の開業日記

サッカーアジアカップ 日本代表はサウジアラビアに勝ってベスト8へ

シェアする

AFCアジアカップUAE2019 決勝トーナメント1回戦が21日に行われ、日本代表とサウジアラビア代表が対戦した。
 GKは権田修一。最終ラインは右から酒井宏樹、冨安健洋、吉田麻也、長友佑都。遠藤航と柴崎岳がダブルボランチを形成し、2列目は右から堂安律、南野拓実、原口元気の3人。17日のウズベキスタン代表戦で同点ゴールを決めた武藤嘉紀が最前線に起用された。
 20分、柴崎のCKを冨安が頭で合わせ、日本が先制に成功する。20歳0カ月77日でのゴールはアジア杯日本代表史上最年少記録となった。前半は日本の1点リードで折り返す。
 後半はサウジアラビアが75%を超えるボール保持率を記録し、日本ゴールに迫る展開に。しかし、日本は集中した守備でサウジアラビアに得点を許さず、試合は1-0で終了した。
 今大会から出場国拡大により決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)が導入されたが、これで8大会連続のベスト8進出を果たした。次戦は24日(木)22時、準決勝進出を懸けてベトナム代表と対戦する。
【スコア】
日本代表 1-0 サウジアラビア代表

いやー手に汗握る一戦でした。DFの冨安選手 あなた本当に20歳ですか 凄すぎる。なんと日本のボール保持率23.7% まるでブラジルと試合したような保持率。いやいやブラジルはボール持たせてショートカウンターも狙うからスペイン戦並みか。サウジごときにこんな勝ち方ってセルジオさんは文句言うかもしれないけど 日本がこういう勝ち方できるということは 昔より守るということが出来るようになってきたことだと思います。それとこの試合の主審 ウズベキスタンのイルマトフさん。アジアナンバーワンのレフリーと呼ばれてましたが この試合に関してはUAEに買収されてるの?という感じの笛が多かった。まあ 勝負は勝てばいいんです。次は中2日でベトナム戦。期待しましょう。