経営者が楽して儲かる方法とは! | メタボ不動産屋の開業日記

経営者が楽して儲かる方法とは!

シェアする

ヤフーニュースでこんなの出てました。

『ZOZO』の非正規労働者の多さが明らかになり物議、「低賃金で働かせて儲けを出すビジネスモデル」「彼らの犠牲で前澤社長は豪遊している」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
実態を見れば、なぜZOZOTOWNが利益を上げられて、前澤社長などが豪遊できるのか見えてくる。2018年の有価証券報告書によれば、(株)ZOZOは2,764名の従業員のうち、1,860名が派遣等の非正社員である。平均なので実態としてもう少し多いと思うが、単純に計算してみると、非正社員比率は約67%と極めて高い。
ZOZOは労働者3人のうち2人は派遣を含む非正社員で成り立っている。
日本の労働者のうち、非正規労働者は37,3%(厚生労働省2018)である。
ZOZOTOWNの非正社員比率67%という数字は異様に高いことがわかる。平均の1,8倍だ。
前澤社長を含む役員、株主などへ利益を配当するために働く現場は、非正規雇用に支えられていることは明らかだ。
時給1,000円程度の大量の非正社員の奮闘があり、低賃金労働者を使いながら利益を上げるビジネスモデルと言える。
何度もいうが、儲かっていないから賃上げできないのではない。
一部上場企業で衣料品のネット販売最大手のリーディングカンパニーでこの有り様である。
今後、読者の方には前澤社長の豪遊ぶりがメディアで映し出された際に、彼の足元にいる非正規雇用で働く労働者の姿、そこへの想いを寄せてほしいと思う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まあ 非正規労働者をたくさん使い 安い労働力のおかげで自分の高い給料をキープするという話ですが、実際はごもっともな話でして。不動産業界でも楽して儲かりたいなら 営業従業員をどんどん雇用してその売り上げの何割かを社長が没収する。稼げない人は辞めていただく。それを繰り返していけば楽して儲かります。ただね 稼げない人は冷酷に切れないと赤字の垂れ流しになるので それが出来る人はいいんですけどね。メタボ社長はそれができないので従業員雇いません。だから楽して儲かりません。あとはお金を生む不動産などの不労所得を持つことですが 所有することが大変です。(簡単には手に入らない)
なので ZOZOの前澤社長はずるい もっと還元しろという人が多いでしょうが 自分で商売してる身としては だったら自分で独立して稼いでみろってことになりますね。働き蟻と女王蜂の関係は人間社会でも普通に存在するってことです。

コメントの入力は終了しました。