平成30年度 九州高校野球鹿児島県予選 秋季大会 準決勝 神村学園対鹿児島城西戦  | メタボ不動産屋の開業日記

平成30年度 九州高校野球鹿児島県予選 秋季大会 準決勝 神村学園対鹿児島城西戦 

シェアする

九州高校野球鹿児島県予選 秋季大会 準決勝 神村学園対鹿児島城西の一戦です。勝てばこちらも九州大会出場確定です。
この試合の見どころは
今年春に部内暴力事件を起こして急遽春の大会を棄権し、対外試合禁止処分解除後に臨んだ夏の甲子園予選は試合勘不足で2回戦負けとなりましたが その分新チーム作りに時間が十分とれた神村学園と元プロ野球選手 佐々木誠監督を擁して変わりつつある鹿児島城西との対戦です。
ちなみに鹿児島城西は佐々木誠監督の人柄なのか 選手達すごく伸び伸びしてます。試合前のエンジンもこんな感じ

試合はプロ注目の鹿児島城西右腕小峯投手対神村学園は元世界少年野球大会日本代表の一年エース中川との投手戦になるかと思いきや

 鹿児島城西がホームラン攻勢で4点リードする展開。神村学園も勝負強い打線で逆転に成功した最終回 鹿児島城西の攻撃 ツーアウト満塁で一打逆転のチャンスを作るも 微妙な微妙なレフトライナーで試合終了。神村学園の勝負強さが際立った試合でした。
微妙な判定で整列して良いものか迷う城西イレブン

鹿児島城西は本当に残念でした。しかし佐々木誠監督の元 着実に変わってきていると思います。来年夏の県予選に期待しましょう。

コメントの入力は終了しました。