第18回 ツール・ド・おおすみ A.本土最南端佐多岬ロングコース(約110㎞)に参加してみた 後編 | メタボ不動産屋の開業日記

第18回 ツール・ド・おおすみ A.本土最南端佐多岬ロングコース(約110㎞)に参加してみた 後編

シェアする

第18回 ツール・ド・おおすみ A.本土最南端佐多岬ロングコース(約110㎞) 後編です。
コースは鹿屋バラ園の頂上から佐多岬までの往復110kmです。
佐多岬なんて車の免許取り立ての頃にドライブで行ったっきりです。

序盤は国道のある程度平坦を行くので気分よく。海の向こうに見えるトンガリ山は開聞岳です。

なんだよ いつもの60キロコースと変わらないじゃんと思いきや 佐多岬に向かう10キロくらいから 地獄が始まります。自分のサイクルコンピュータで斜度14%までは表示されましたが 表示がされないような激坂がありました。(どうも20%あったらしい)さすがに自転車押しました!

そしてなんとか佐多岬へ到着 頑張ってよかったと思う風景です。

動画でもこの素晴らしい光景をどうぞ

ここまでの走行距離55キロ 消費カロリー2500キロカロリー

そしてなんと 記念写真をパシャリ

左から メタボ社長・息子・リオオリンピック選手の内間康平選手・甥っ子・昨年の全日本選手権覇者 畑中勇介選手と記念撮影。ファンライドさん 感謝です。 しっかし メタボ社長の体型はまじ やばいっすな。これで110キロを走破しようという心は偉いと自分で思います。

折返しも佐多岬からアップダウンを繰り返し 本当に苦しいコースでした。
そして16過ぎ頃にかのやばら園のゴール近くで夕日があまりにきれいだったので パシャリ。俺 やっとここまで きたよ。

そして 感動のゴール メタボ社長の1日最高走行距離を達成しました。

ゴール直後のサイクルコンピュータ

走行距離111キロ 消費カロリー5185キロカロリーを達成!!!
 
思えば この大会 息子に自転車の楽しさと 親父として自分でやってみせることをモットーにしていたので 彼が小学4年くらいから出場してましたが とうとう息子も高校3年となり 来年は県外に行ってるでしょうから この出場が最後になるかもしれません。泣きながら坂道を登っていた息子を叱咤激励しながらライドしていたのに 今では私が泣きながら坂登るなんて年取ったなーと感慨深かったです。この大会を企画・運営して下さった皆さん 本当にありがとうございました。そして 子供となにかやってみたい若いお父さんへ この大会を毎年出場すると本当に子供の成長が感じ取れるので ぜひ 最初は30キロからでもいいので出場してみて下さい。
翌日 月曜 原因不明の太腿痛により(?) 会社休業となりました(笑)

コメントの入力は終了しました。