平成30年度 九州高校野球鹿児島県予選 秋季大会 準々決勝 武岡台対鹿児島情報戦 見てた話し  | メタボ不動産屋の開業日記

平成30年度 九州高校野球鹿児島県予選 秋季大会 準々決勝 武岡台対鹿児島情報戦 見てた話し 

シェアする

平成30年度 九州高校野球鹿児島県予選 秋季大会 準々決勝 武岡台対鹿児島情報戦 両チームともに選手に遠い遠い知り合いがいるこの試合を公平を兼ねて真後ろで応援してました。(笑)
まずは武岡台高校の選手表

鹿児島市内の進学校で野球がそこそこ強い学校といえば武岡台ですね。選手も鹿児島市内の中学出身がほとんど。夏の大会は捕手の下別府君以外全部3年生といったチームでしたので、新チーム作りはどうなんだろと思ってましたが 見事鹿児島市の新人戦は3位でシード奪取! シード奪取の要因となったのは2年エースの久保亮祐投手です。

本当に滑らかな滑らかな肩の可動域です。昨年秋も縁あってみた時は今よりさらに肩の縦回転を使ってストレートのスピン重視の投げ方で球速は去年の方が速かったです。しかし縦投げはリリースポイントがシビアなのでストライクボールがはっきりしていましたが、2年になって腕の角度を少しだけ寝かせたように見えるのでコントロールも良くなり ドロンとしたタイミングを狂わすカーブを覚えたみたいです。近くでも見ましたがゆったりしたフォームからズドーーンと重そうなストレートが来てました。
続いて 鹿児島情報高校の選手表

なんと昨年1年でエースだった沖田龍之丞投手が背番号10になっててびっくりしました。まあ監督さんの様々な思いがあるんでしょうね。それにしてもお金持ってるイメージの鹿児島情報ですが 野球では県外から有力選手をリクルートすることはないようですね。周辺の中学校出身が多いです。
鹿児島情報 2年エース 沖田龍之丞投手のフォーム

ベンチで見てるよりバッターボックスに立つと、思った以上にボールが来てる投手だと思います。しかもスライダーの切れも抜群なので 右打者のインコースに決まりだすとそうそう手は出ないと思います。ただし典型的な自肩の強さによる投げ方なので、試合たび いや イニングたびに調子の良さが変わります。さっき連続三振取ったと思ったら翌イニングは四球連発がよくあります。でもそれがこの沖田君の魅力だと思います。

先発メンバー

試合は武岡台が序盤に3点を先行し、鹿児島情報は武岡台の久保投手を打ち崩せない状況が続きましたが、終盤に小刻みに捉え 鹿児島情報が逆転勝ちとなりました。一言でいうと ツーシームが欲しい!! 

コメントの入力は終了しました。